手汗を止めるおすすめ対策方法を紹介しています

手汗を止めるおすすめ対策方法

手汗

オドレミンを使用して手汗を止める方法

投稿日:

オドレミン
オドレミンというのは、塩化アルミニウムをその主成分としており、塗った部分の感染を物理的にふさぎます。なので、主にワキガの人が使用する場合が多いのですが、手汗を止める方法としても有効です。多感治療薬としては、効果は一時的なものなのですが、しばらく使用し続けると継続的に効いてくるということになります。一回の使用で一週間くらい効果が持続するというものです。

普通の市販で売っているデオドラントスプレーなどもものによっては毛穴をふさぐものもあるのですが、オドレミンほどの効果はありません。基本的に汗を止めるというのは体にあまり良くないです。

体に熱がこもると人間は汗をかくことによって体を冷やしますが、これを無理やり止めるというのはあまり体に良くないということは知っておいた方が良いでしょう。最近のデオトラント商品はその辺を考慮し、毛穴を防ぐよりも匂いを防ぐことに力を入れているものも多いのですが、それでも体にとってマイナスということには変わりません。

デオトラントスプレーも必要ないときには使用しない方が良いでしょう。汗染みの目立たない服にすることなどで解消した方が良いでしょう。また匂いに関しては普段から汗をかくことで逆に改善できます。

人間は汗をかくことで熱を逃がすというのもあるのですが、老廃物を流すという目的もあります。普段から汗をかいている人は体にあまり老廃物が溜まっていないのですが、普段から汗をかかない人は汗に老廃物が多く含まれます。なので、汗をかいても臭くないようにするためには、普段から汗をかく習慣を身に付けるというのが良いでしょう。

サウナでかくような汗も運動してかくような汗も同じなのですが、当然運動して汗をかいた方が脂肪燃焼になったり筋肉がつくので良いでしょう。なので、汗を止めるということは塔廃物が体から出るのをとめてしまうことにもなります。毛穴と皮脂穴というのは別なので、汗を止めるとニキビが直接的にできるということはないのですが、体に老廃物が溜まることによってニキビができやすくなるというようなことは当然あります。

上述のようなことは手汗でも同じなので、物理的に感染をふさぐことはあまり望ましくはないです。しかし、どうしても何かしらの理由で止める必要があるのであれば仕方がないでしょう。ちなみに、以上に手汗が出る病気というのもあるのですが、それは体の機能自体が壊れている状態です。人間の脳は外部からの熱刺激などに対して汗を出すように指示を出していますが、その機能が壊れている状態というのは存在します。そうするとオドレミン程度で改善することは不可能で、いくら感染をふさいでも汗が噴き出してきます。

そうするとお手上げなので、病院で治療してもらう必要があります。この治療方法というのは、汗腺を切除するという方法で、ワキガ治療に使われる方法です。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺がありますが、手汗はエクリン腺で、ワキガはアポクリン腺です。アポクリン腺というのは匂いの強い汗が出るので、ワキガというのは匂います。エクリン腺は匂わない汗なので、手汗というのはあまり匂いません。単に体の中の水分が抜けているだけなので、問題はないです。

手汗というのは緊張したときなどに多く出る汗で、精神状態と深くかかわっています。なので、手汗が多い人というのは、汗腺が多い人か、もしくは緊張しやすかったりストレスをためやすい人ということになります。これを治すということはかなり難しいですが、原因はなんとなく知っておいた方が良いでしょう。

手汗を止めたい理由は人それぞれでしょうが、デートで手をつなぐというような場合であれば、言えば大丈夫でしょう。

-手汗

Copyright© 手汗を止めるおすすめ対策方法 , 2017 All Rights Reserved.