手汗を止めるおすすめ対策方法を紹介しています

手汗を止めるおすすめ対策方法

*

手汗の病気(多汗症)はどうすれば改善できる? 手汗を止める方法

手汗が過剰に出てしまう病気は多汗症と考えられます。人間の体は体内で作られた熱と外気の温度を吸収することで発生した熱を体にこもらせないように、常に全身の毛穴や皮膚から水分を出して気化させ調節をしています。

特に手は全身の神経と血管が密集しているポイントなので、熱の発生率が高いことに比例して血管からの水分の放出量が多くなっているのです。そのため手からある程度汗が出ること自体に問題は無いのですが、それが過剰に出る場合には話は別です。

手汗が過剰に出るのは先に言ったとおりに多汗症と呼ばれる状態であり、これは一定量放出されるように調節されているはずのの水分が制御が効かずに大量に流れているような状態なのです。なぜこのような状態になっているのかというと、その原因は先に言ったとおりに手は全身の中でも特に神経と血管が密集しているポイントというキーワードが関係しています。

神経とは脳から全身に張り巡らせられている電気信号を送る管であり、神経は脳から送られる電気信号を常に受け取り続けることによって必要な動作を即座に移せるようになっています。この動作という部分が多汗症の原因です。熱を放出するための水分を出す行為というのも動作の一つであり、神経が血管に水分を出すように脳が電子信号を送っているから放出しているのです。

つまり脳からの指令である汗を出すという指令が一定の速度ではなく過剰な速度で常に送り続けられることによって、脳からの指令を受け取った神経はその情報をそのままの意味で受取ることで手汗が過剰に出てしまうのです。

ストレスが手汗の原因

手汗が過剰に出てしまうのは脳からの過剰な指令が原因だとして、なぜ脳からの過剰な指令が送られ続けるのかという点においてはやはり原因は脳の働きを加速させるストレスです。ストレスは肉体や精神に負担がかかると、脳は肉体や精神の負担を当人に伝える意味を込めて神経に送る電気信号を早くして異常を伝えようとすることです。

ストレス自体は異常を知らせるために脳が発する情報なので、適度であれば活動を助けることで効率を上げそして病気などのリスクを減らす効果を持ちます。ただストレスが限界を迎え始めると脳からの指令のスピードが速くなっていき、全身から出る汗や心臓などの動悸が激しくなっていきます。

そしてストレスが限界を迎えると脳からの指令のスピードが過剰に速くなり、それに合わせて神経が活動をするので手汗が過剰に出るのとストレスとの関係なのです。過剰に出てしまう手汗は仕事が学業に支障が出てしまうことが多く、この状態になったときには早急に手を打つ必要があります。

手汗改善のための病院

この病気はどうすれば改善できるのかですが、それはストレスとうまく付き合うこと、そしてそれでも止まらないときには病院を受診することです。手から汗が出る量が湿る程度から小さい粒程度であれば、それはストレスがまだ限界を迎えてはいないのですが近づいている状態だと言えます。

この状態であればまだ自力で改善することが出来るので、最初に行うことは自身が何にストレスを感じているのかを考えることから始めます。そしてストレスの原因を探り正体をつかめたら、そのストレスの原因から一時離れるか別の着地点を見つけてストレスの原因とうまく付き合う方法を模索します。

ストレスから徐々に開放されてきたら、次に過剰に働いている脳を休めるために深い深呼吸と38度から40度のお湯に10分以上を目安に入浴し、その後夜の11時前に軽いストレッチを行った後に就寝することで深い眠りにつきやすくすることで脳を休めると初期段階の多汗症を改善することができます。

ただこれはあくまで初期段階の状態の改善であり、これらの活動を行っても汗が止まらない場合には脳とストレスによるバランスが完全に狂いが生じている状態です。この状態になったときには初期段階の改善を行いつつ病院を受診することになります。

病院での改善法としては、汗を出す器官に対してレーザーを使って焼き切り分泌量を抑えつつ過剰な神経の働きを抑える漢方薬などを処方して状態を治します。手から汗が出るのは生理現象であるため完全に防ぐことはできないのですが、ただ過剰に働く場合には必ず原因というのがあるものです。

多汗症は近年増加傾向にある症状ですが、その原因はやはり環境の変化や人間関係そして体に負荷のかかる作業を続けることによるストレスが原因であり、手から汗が出るタイプは全身から症状が出るタイプではなくただ手から出るだけの話です。そのため手から汗が過剰に出ているのを見て焦ってしまうと、この焦りもストレスの原因となり汗をより過剰出してしまうことになるため注意が要ります。

この症状とうまく付き合っていくためには手から汗は出るものであることをあらかじめ念頭に置いておき、それが神経が過剰に働いていることが原因であることも知っておくことが大事です。

そのうえで神経の活動を抑えつつストレスを分散させ、そのうえで病院を受診し対処することが悩みを解消する方法になります。

手汗に効く薬でおすすめを紹介

夏場など気温が上昇する季節に体内の温度が上がり過ぎないようにするため、汗は存在します。しかし身体から分泌されるこの水分は多くの人が流れる量や臭いによって不快に感じることが多いです。

実際多汗症という疾患が存在し、体温調節を超えた多量の汗が身体の各部位から分泌されるのは日常生活に支障を来たしてしまいます。特に物を持ったり、投げたりするために使用される手のひらに汗が過剰に集まると本やティッシュなどの紙製品を扱うのが困難になります。

手にできる多汗症のことを手掌多汗症と呼び、症状は大きく3つの段階に分かれます。最大レベルである3段階目は手に汗が垂れるほどの状態であり、この場合は皮膚科あるいは心療内科といった医療機関への受診が必要です。

この診療科目を受ける理由は汗は元々皮膚から分泌されるから皮膚科を必要とします。心療内科の場合は多汗症自体の要因の中に精神的ストレスを感じて発汗の元となる交感神経が刺激されるので、メンタルケアでの治療が必要だからです。そうは言っても手掌多汗症の患者全てがレベル3に当てはまるわけではありません。

レベル1た2のように手のひらが湿ったり、水滴が付着した状態の人だって存在します。また疾患でなくとも手汗程度に悩む人も少なくなく、この場合医療機関でなく市販の薬で症状を緩和しようとします。手汗に効く制汗剤などの薬品のおすすめは何か紹介します。

手汗に効果がある薬

まずは制汗作用のある成分を含んだ商品を扱うことが大切であり、これが無いため効果が得られないこともあります。制汗成分として適しているのは塩化アルミニウムであり、実際この成分は皮膚科で多汗症に悩む人へ処方されることも多いです。

塩化アルミニウムには汗腺を塞いで汗を抑えるといった効果があり、皮膚から過剰に分泌される水分量を緩和します。ちなみに皮膚科で行われる多汗症の治療は塩化アルミニウムを使用する以外に神経遮断薬やボトックス注射等が挙げられます。前者の場合発汗を促す成分であり、交感神経の末端から放出されるアセチルコリンの量を減らして症状を緩和します。

個人差はありますが遅くて約3から4時間ほどで効果は現れますが、神経遮断薬は眠気や胃腸障害などの副作用が確認されてます。後者であるボトックス注射、ボツリヌス注射とも呼ばれるものは汗の掻きやすい部位にボツリヌス菌のA型毒素を抽出したボトックスという薬剤を注射する方法です。施術をすれば約半年くらいは効果が現れると言われますが、神経遮断のタイプと同様に副作用が生じる恐れがあります。

ボツリヌス注射は筋肉の収縮を抑制する作用も持っており、正確な位置に注射しなければ握力が弱まったり痺れを来す可能性があります。こうした危険性を伴うのでこの2つの治療方法は医療機関で行われますが、塩化アルミニウムは市販の制汗剤にも使用されるように比較的副作用のリスクは少ないと言われます。

しかしこれは手のひらという皮膚が分厚い箇所のみに言えることであり、デリケートな脇の下などでは現れる効果が異なります。脇の下に塩化アルミニウムを含んだ制汗剤を使用するとかぶれを初めとした肌荒れを招く危険性があるので注意が必要です。

人によっては手の汗の臭いが気になるので、抗菌成分や殺菌成分を含んだ商品を希望するかもしれません。けれど手汗の場合ワキガなどの臭いの元となるアポクリン腺は存在せず、水分を押さえれば気になることはありません。なので抗菌、殺菌成分は不要でありもし長期間使用し続ければ湿疹や色素沈着といった肌トラブルを引き起こしてしまいます。

酢酸や銀イオン、ホウ酸、過マンガン酸アクリノールといったものが殺菌、抗菌作用があるものであり複数商品に配合されていたら控えたほうがおすすめです。手汗緩和の商品にはクリームやジェル、パウダーなどの多くの形態が存在します。衛生的だという理由からネットサイトなどではクリームタイプを推奨することがありますが、これは敏感肌など元から肌が弱い人には肌に負担をかけやすいです。

クリームタイプには界面活性剤を初めとした化学物質が多く含有され、皮膚炎や湿疹を引き起こす可能性があります。また手は皮膚が分厚くても皮脂線が無いので馴染みづらく、ベタつきを感じます。事実ハンドクリームなどの成分は手の甲に塗ることが多く、手のひらには使用することは少ないです。

刺激物が少なく肌に馴染みやすいものはパウダータイプの商品がおすすめです。塩化アルミニウムの配合率が高いといった制汗力の強さのみで薬品を購入するのは危険です。手のひらは体の部位の中で摩擦が多く、皮膚が分厚くても炎症やかゆみが起こりやすい箇所です。

また手掌多汗症など手に発生する汗は初めの方にも記載したように、精神性発汗というストレスや緊張状態によって起こる症状だとされます。なので化学物質やストレスが溜まるような刺激物を含有したままの商品は汗の量を逆に増やす恐れがあります。デリケートな部分として考えた制汗剤選びが大切です。

Copyright© 手汗を止めるおすすめ対策方法 , 2016 AllRights Reserved.